24時間後までのTV放送

24時間後までの放送予定はありません。

もっと見る

ハイパーダンク2016発表 ELITE版とEM版が発売

      2016/07/14

NIKE HYPERDUNK 2016がついに発表されました。今年はオリンピックイヤーなので多くのナイキ契約代表選手がこれを履くことになります。7月頃発売予定、価格未定です。

  • ハイパーダンク 2016 FK
    • 発売日:2016年7月15日(金)
    • 価格:27,000円(税込)
  • ハイパーダンク2016 EM とローカット版は8月4日発売日

最初に写真を見た感想ですが、これはかなり期待できそうです。実は僕はハイパーダンクって履いたことないんです。ハイパーダンク2015Lowを買いそうになってましたがサイズが無かったり、なんだかんだ縁がないモデルでしたが発売前からこんなに欲しいと思うバッシュも珍しいです。そのくらい期待を持たせてくれるデザインだと思います。もちろん機能美的な意味で。

皆さんはこのデザインを見てどこかで見たことがあると思いませんか?今までにない全く新しい靴?靴というより靴下が映ってますけどなにこれって感じなのに、見覚えがある!

もうおわかりかと思いますが、そうです。KD8 ELITEですね。

デュラント新作KD8 ELITEの詳細(来月発売)

デザインはまんまKD8って感じですが、この靴下のような部分はフライニットでできているみたいで、KD8より厚手で固めになるのかな。僕の知っているフライニットは結構固くて丈夫なのですが、このデザインだと多少伸縮性があって伸びるようでないと足が入らないのですがどうなんでしょう。KOBE10 ELITEは足首もレースアップだったので問題なかったのですが、あれが紐なしならとても入らない…

hyperdunk2016-1

靴下のような部分は写真のように繊維が縦方向なので伸縮性がありそう?
(画像は赤と紺のツートンカラーのUSA仕様)
アッパーはフライニットにフライワイヤーケーブルが通してあるKOBE10 ELITE LOWそのまんまのデザインですね。

hyperdunk2016-2

内側のソールがカイリー2のような丸みを帯びたデザインになっています。サイドステップで一歩目が出やすそうです。また、エリートソックスを履くとちょうどいい長さになってます。

ここまで紹介した画像ですが、実はHYPERDUNK 2016 ELITEという名前でELITEバージョンです。通常版とローカット版はエンジニアードメッシュが使われます。こちらが通常版のカナダ代表モデル、アッパーが違いますね。

hyperdunk2016-canada

エリートモデルが出るのはZOOM HYPERDUNK 2011 ELITE以来です。

 

最後に僕が欲しいと思った要因がこちらソールの画像

穴が開いています!

中に見えるのはフルレングスズームエアです。なんで穴が開いているのか?おそらく新型クッショニングシステムなんだと思います。and1のかかとに窪みがあるソールに似たようなものでしょうか。足へのダメージは軽減されそうですが、これで反発力は感じられるのか?せっかくのフルレングスズームと相性が悪そうな気もしますが、ナイキのフラッグシップモデルなのでその辺はきっと大丈夫なんでしょうね。

色々なバッシュのデザインをパクってきたようなハイパーダンク2016ですが、これは楽しみです。エリートは値段が高くなりそうですが…7月の発売を待ちましょう。

 - バッシュ