24時間後までのTV放送

24時間後までの放送予定はありません。

もっと見る

マイケル・ジョーダン MUSEUM 23 TOKYO 感想

      2015/10/20

『MUSEUM 23 TOKYO』に行ってきました!特設コート「LAST SHOT」で伝説の神のプレイも追体験しました。
はじめに言っておくと楽しかったです。特設コートがかなりすごいです。その場に立たないとわからない何かに圧倒されます。

僕は会社を早めに切り上げて18時位から急いで行きました。事前予約をしていなかったので「LAST SHOT」はできないかと思っていましたが、当日枠でなんとか参加できました。その後で用事があったため滞在時間はすごく短いものになってしまいましたが、もう一度行ってもいいかなと思っています。

※『MUSEUM 23 TOKYO』は現在、東京都現代美術館で開催中のイベントで、マイケル・ジョーダンのシグネイチャーであるAir Jordan30周年を記念し、歴代モデルの展示や写真ギャラリーなどファンにはたまらない内容になっています。

僕はすぐに「LAST SHOT」しに行ってしまいましたが、入り口を入るとまず歴代モデルの展示、写真展、動画コーナーとここでしか撮ることのできないMJ特製写真撮影コーナー(少し見せてもらった感じポストカードに装飾がプリントされたものに自分が写る)があります。
歴代モデルはブレッドは珍しいかもしれないけど持っていたりもするので、そんなにありがたみはないかも。MJ特製写真撮りたかったんだけど気づくのが遅くて時間が無かった。。

その次は順路を進んでいくと中にストバスのコートが作られていました。人はそんなにいませんでしたね。作りは本格的でしたが、まあ少し遊ぶくらいでガチではやらないでしょうね。
最後に「LAST SHOT」ですが、これが結構大きかった。
床壁天井すべてが液晶パネル(LEDかな違うかも)になっていて、ショットチャレンジが始まると景色がNBAのコートに!自分がNBA2Kのキャラクターになった気分ですね。
コースが3つ設定されていて、

  • FIRST SHOT
  • LAST SHOT
  • EXTRA SHOT(うろ覚え)

「FIRST SHOT」はジョーダンの19歳の時のデビュー時のやつとかだったかな。
バックドアカットからパスを受けてペリメーターでジャンパーみたいな。

いい忘れましたが、ディフェンスさんがちゃんと付くんですね、まあ綺麗に抜かせてくれますので心配はいりません。完全な引き立て役に徹していただいて頭が上がりません。

「LAST SHOT」は有名なやつですね。ジャズとの試合を再現できます。
トップオブザキーの方にドライブしていって、大きくクロスオーバーし、ディフェンスをかわしてからジャンプショット。
管理人はこれを選びました(一番人気のようです)。そして結果は惜しくも外れてしまいました!!
言い訳をしていきますが、まず緊張しました。ギャラリーやスタッフに囲まれて単独潜入した管理人はガチガチです。そして映像に囲まれることがなんとも落ち着かないです。中に入ると未体験の感覚が僕を襲います。当たり前ですが、練習もないのでボールの感触やタッチも確認できません。ようは集中力が足りませんでしたね。ちなみに床は少し硬くてボールの跳ね返りは少し弱い感じがしました。
単純にクロスオーバーした後のシュート難しいですね。

ちなみに床にラインが描かれて、そのラインをなぞるようにドリブルすれば神を再現できます。ほんとにゲームの中みたいですね。ラインの終端にはジャンプマンのロゴがあり、そこがショットスポットになっています。
バッシュは貸出されたものを着用する必要があります(いちおう今日はジョーダンを履いていったワイ)。サイズは希望のものを選べます。バッシュはやはりエアジョーダンで、XX9とライジングハイを見かけました。女性用は違ったような気がしますがよくわかりませんでした。僕はたぶんJordanXX9でした(まさかの自信がない、写真撮るの忘れた)。

履いたバッシュをTwitterで発見しました。カラーもまさにこれでした。
しかしモデル名がわからないので情報求ム 名前判明しました!JORDAN SUPER.FLY 4のアナザーバージョン(Jacquard)で、アッパーがXX9の素材に変更されています。Eastbayでは発売開始されているようで商品ページに値段が載っていました。かっこいいです!日本で売っていないと思うのでこっちが履けてラッキーでした。

また、プレイする前に携帯番号を入力すると後でSMSが送られてきて、自分の動画(15秒だった)を見ることができます。僕は知らなかったのであれですが、皆さんはオシャレしていったほうがいいでしょう。

フレンドリーな外国人MCがいて、チャレンジ前にはトークをする機会もあります。
ざっとこんな感じです。
「EXTRA SHOT」どこいったって感じですよね。これはフリースタイルだと聞きました。ディフェンスが付くのかはわかりませんが、自由にドリブルしてシュートが打てるんですかね。正直好きなようにできるのでこれが一番楽しめるかも。感触を確かめられるのでシュートも成功するでしょう。
ただ誰も選択していませんでした。まあすごい地味なプレイをしたらあれなので難しいかもしれませんね。

あまり写真撮れていませんが、時間あるときにあげようかな。僕の動画はこのサイトが23万PVを達成した時に公開することにしよう!
見てる人いるかわかりませんが、結構詳しく解説しました。ぜひ会場に足を運んだほうがいいと思います。では

 

 - NBA